top of page
検索
  • vozrecords

葛谷葉子のアルバム「TOKYO TOWER」全曲配信スタート!!

葛谷葉子の21年ぶりのオリジナル・アルバム「TOKYO TOWER」の全曲配信が本日(1/25)スタートしました。

2021年の「midnight drivin'」同様、インドネシアのIkkubaruのリーダー、ムハンマド・イックバルをギターに迎えた「SEASIDE HOTEL」。

 鈴木雅之に提供した曲のセルフカバーでネオソウルバンド”mime”のギタリスト、内野準(MU-FU)がアレンジした「53F」

 ケミストリーの大ヒット「PIECES OF A DREAM」と「POINT OF NO RETURN」や嶋野百恵などを手がけた、同時代のR&Bクリエイター藤本和則がアレンジした「月の魔法」。

 松下奈緒に提供した曲のセルフカバーで初期アリシア・キーズ的なアプローチをした曲。アレンジは初「最後の恋」(アレンジは川口大輔(JUJU、土岐麻子)ミックスは和田昌哉(ケミストリー、EXILE))。

マーヴィン・ゲイへのオマージュ的要素も取り入れた、彼女にとって初めてのメッセージ・ソング「New Way」


 というようにアルバム曲も要チェックの曲ばか。


「SEASIDE HOTEL」はSpotifyの公式プレイリスト「Woman's Voice」のカバーアート&1曲めに選ばれた他、「CITY POP:シティポップの今」など人気プレイリストにピックアップされています。ぜひチェックしてみてください。


アルバム「TOKYO TOWER」配信まとめリンクはこちら




閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page